確率論/乱数抽選方式説明



アイムジャグラーの確率についてお話ししたいと思います。 設定により多少変動はしますが、 参考にしていただければと思います。 ■確率論 設定6の合成確率は1/134です。(設定6の数値で説明します) 抽選確率がいつも1/134と仮定するならば 134回まわせばポアソン偏差により計算すると約63%当たります。 そして倍の268回まわせば約88%です。 268〜∞ の回転数で残りの12%となります。 グラフに描いてみればわかりやすいのですが、 134〜268 の区間が 25%あります。 268〜∞   の区間が 12% つまり134〜268の区間のほうが268以降の倍当たりやすくなっています。 誤解しないでいただきたいのは、この計算はボーナス後直後においての確率計算 です。 ボーナス後0Gの状態と、ボーナス後134G経過後の状態において当選確率が 変化すると説明しているわけではありません。 これをよく理解して下さい。134G消化して当たらなかった場合、過去の0G 時点からみて63%に漏れたということになります。 ですから134G消化時点での確率の話をするならばまたそこが0G拠点にしなければ なりません。視点をどこにおくか?が問題になりますがわたしは常にボーナス後0G の時点での視野しかありません。 88%が当たる範囲は設定により大きく異なります。 ですので、設定1で当たりやすい範囲、設定6で当たりやすい範囲は当然あります。 そして88%を抜けたときの確率論が実は重要となります。 ホールでは煩雑に抜けていますよね。約12%は抜けるわけですので 多いようですが設定6ではほぼ確率どうりになっています。 低設定で抜ける率が高いのは確率の分母が大きくなると確率のぶれも大きくなるので 低設定は特に暴れやすくなります。 (確率の偏差の話になります) これらの特性を考慮して抜けた場合の設定推察を元に当たりやすいゾーンを打つのが プロの打ち方です。 このゾーンというのはもちろんボーナス終了直後からみての話になります。 設定6だと134Gまでに63%が当たるわけですから、極端なことをいえば そこだけ打っていれば確実に勝率は上がります。しかしボーナス後、すぐにやめる人は ほとんどいないはずです。 みんな経験的に基本はわかっているわけです。どこから打っても当選確率は同じ という言葉は実戦経験のない机上の空論だとわたしは思っています。 わかりやすくまとめるとボーナス終了後の状態では設定6で268Gを抜けるのは 12%ということであり、それは設定により異なるということです。 400Gを抜けると低設定の可能性が高くなるということで必ずしも低設定とも限り ません。 このことから確率論を頭にいれておくことは基本ですが、ジャグ連は意図的なふたつの 乱数システム構成により実現されています。 初期のジャグラーは体感器で当たり位置を狙えましたが、現在のジャグラーでは 2つの乱数を用いており、体感器で狙えないようになっています。 ただ、このふたつの乱数の同期はボーナス直後におこなわれ、高い確率でボーナス後に 早く当たることが多くなります。もちろん自力当選もあります。 乱数そのものも完全な乱数というのは存在せず、マイコンの外部タイマーでそれを 実現していますが、どうしても偏りが発生します。 極端なことをいえば、勝つためには高設定を必ずしも打つことが必要なことではないとい うことです。 高設定を打つのは基本ではありますが、機械割り106%程度の設定6の期待値な んて終日打っても+1500枚程度です。 それより、効率良く初当たりをGETしてジャグ連して勝ち逃げするほうが楽なん です。 これらのことを総合的にかつ、実戦データをにらみながら検討した結果を 今回のスポット攻略法に詳しく説明しております。 ■乱数抽選方式 アイムジャグラーの設定1の乱数テーブルはこんな感じになっています。 1?2244リプレイ(2244コマ) 2245?2705単独チェリー(461コマ) 2706?2722チェリーBIG(17コマ) 2723?2733チェリーREG(11コマ) 2734?5257ブドウ(2524コマ) 5258?5272ベル(15コマ) 5273?5287ピエロ(15コマ) 5288?5327単独BIG(40コマ) 5328?5352単独REG(25コマ) 5353?16384ハズレ(残り) ここでハズレ部分の数値が大きくなると当然、当たりにくくなるわけです。 つまり、小役やREPが連続して、 「うん?小役がよく落ちるようになったな?」 というときにペカるという経験を 誰もがしていると思います。 注意:決して小役の高確率状態になっているわけではありません。 また5号機規定の機械割り調整機能が働き、はまったりすることもあります。 (ですぎたら当たらなくする) ■完全確率論の否定 ジャグラーは完全確率なので、ボーナス後0Gから打っても、1000Gはまりから打っても 常に同じ抽選確率で当たる期待値は同じ というのが完全確率論者の主張になります。 これを完全否定するわけではないので誤解しないでください。 いずれにしろ、完全確率論を机上でかざして強気の発言をする人は勝っているのだろうか? いや、勝てるのだろうか? 設定6を長く打てれば勝てるというような返事があるのだろうか? スロプロは低設定ばかりであっても、勝ちます。そのことは現場のデータと過去の経験 から積み重ねた生きた立ち回りです。 確実に月トータルでプラスにしています。 完全確率論者からオカルトと例えいわれようとも、安定した収支を上げられる人が常に 正解だとわたしは思っています。 ●完全確率は抽選に乱数を使用しますが、マイコンシステムにおいて、完全な乱数という  のはあり得ません。必ず、乱数取得の偏りが発生します。  その偏りがボーナス直後に多く発生するシステムになっており、意図的でなくとも  ジャグ連しやすい現実になっています。 ●いつから打っても当たる期待値は同じ  →これはボーナス直後においての期待値を論ずるなら間違っていることになります。   合成確率の倍までに約88%があたるわけですから1000Gはまっている台は   低確率状態にあります。 5号機で確率変動はないといわれますが、機械割り調整   機能というのがあり、ですぎたら当たりにくくするという機能です。   よって、いつ打っても同じ期待値ではありません。 ■完全確率論者との討論 メール等での主な対話を紹介します。 もし、あなたが完全確率論者であって意見があるのであれば連絡いただければ幸いです 完全確率論者:K なみ    :N
K:ジャグラーは完全確率なので当たりやすいゲーム数なんてないし、おおはまりすることも   あれば、激しい連チャンをすることもあり、それが普通です。   どこから打っても期待値は同じです。 N:それを否定はしませんが、ボーナス後、設定6なら134Gまでに約63%当たります。   ですからボーナス直後の状態においては134回せば半分以上当てるわけで、どこから   打っても同じというのは誤解を招きます。わたしは常にボーナス後0Gでの視野が大切だと   思います。   どこから打っても同じといいきるのは、現場のジャグラーを知らない発言だと思います。
K:設定6なら100G以内に当たる確率は50%近くあります。   ですから100G以内5連程度は普通にあります。ジャグ連なんて特別な状態は存在   しません。 N:ジャグ連は長いと20連以上、または600G以上のはまり壁が6連続とかはホールでは   さほどめずらしいことではありません。   しかし、それの発生確率を計算するととんでもない低確率となります。   もし完全確率を信じて、そんな低確率が今、ここで発生することはあり得ないと思って   実戦すると痛い目にあいます。   確率論は基本ではありますが、机上理論だけで勝てるなら誰でも勝てます。   目的は勝つこと、それだけです。     
N:なみ K:完全確率論者 N:完全確率論においての月トータルで勝つ攻略法(立ち回り)はなんでしょうか? K:高設定を長時間打つ、これしかありません。期待値を上げるわけです。   これはジャグラーに限らずいえることです。 N:ジャグラーに特化すると、高設定がないホール、あっても少ないホールではどうすれば   勝てますか? K:そんなホールでは打たないことです。 N:高設定ばかりあるホールって存在するんでしょうか? K:捜してください、または夕方からの空き台のデータで高設定を判別してください。 N:では、高設定が1/2あるホールが存在するとして、朝から打っていて設定判別で   スカと思われた場合、かなり負けているわけですが、こんな立ち回りで月トータルで   勝てますか? K:朝から打たず、高設定を判別できる時間から打ちなさい。   だいたい4000Gはまわっていることが必要です。 N:4000Gというとほぼ夕方以降ですが、そんな良い台が空いている可能性は低い   と思います。では完全確率論では朝から打ったら月トータルでは勝てないわけでしょうか? K:全ては確率に収束します。朝から打って低設定だとどうするんですか? N:設定変更後はボーナス直後の乱数同期がとれている状態なので当たりやすいことは自宅の   実機でもホールにおいてもデータがとれていますよ K:そんなもの、ただのデータの偏りです。 N:実際にわたしは朝からの立ち回り。それ以降の立ち回りもスポット攻略で設定を追わないで   月トータルで収支を上げています。   机上の確率論では実際のホールでは勝てないと思いますよ。   それからデータをみて高設定と判断できる空き台を打つことは普通、ジャグラーを知っている   人ならやることだと思いますが、完全確率上での期待値を計算すると閉店まで打ってもせいぜい   700枚程度だと思われます。 K:700枚の期待値があるなら充分だと思います。   低設定でも安定して勝てるということは、ヒキがいいからではないでしょうか? N:完全確率を論じる人がヒキという言葉で説明するのは間違っていませんか?   わたしはヒキなんてジャグラーにおいてはないと思っています。   わかりやすくいうと4号機のRTで光るゲーム数は予め決まっているという感覚で   立ち回っています。   期待値を重視するのであれば設定6でも負ける確率は20〜30%あります。   ましてや、はまっている6であれば初期投資がかさみ回収しきれないことも多いと   思います。またデータをみて判断といっていますが、4000G程度の稼働では低設定の   爆発もあるわけで、総合的に考えて、夕方から高設定ぽい台を打つということで勝ち組   にはなれないと思います。