TOPへ戻る

ジャンキージャグラー
設定判別について





■ボーナス確率表
       BIG     REG   合成   機械割 
設定1  1/292.6  1/512.0  1/186.2  97.08% 
設定2  1/282.5  1/512.0  1/182.0  98.24% 
設定3  1/268.6  1/431.2  1/165.5  101.55% 
設定4  1/260.1  1/399.6  1/157.5  103.48% 
設定5  1/252.1  1/381.0  1/151.7  105.13% 
設定6  1/240.9  1/364.1  1/145.0  107.33% 

■小役確率
チェリー 
設定12   1/33.64 
設定3    1/33.51 
設定4    1/33.37 
設定5    1/33.30 
設定6    1/33.23 

ブドウ  1/6.19 
ピエロ  1/1092 
ベル   1/1092 
リプレイ 1/7.30 

■重複関連
*重複対象はチェリーのみ
設定12   5.54% 
設定3    5.93% 
設定4    6.31% 
設定5    6.50% 
設定6    6.69% 



設定判別ですが、BIG/REG共に、設定差がありますので総合的にみる必要があります。
しかしながら実際のホールでは、BIG確率は1よりずっと悪いのですが、REGは設定6を大きくうわまわっている。
例:総回転数3000G BIG5回 REG15回
さて合成は1/150だし、REG確率がいいのでBIGのヒキが悪い6かも?
などと推察するわけですが、ことごとく予想ははずれるのが現状です。
REG出現やチェリー重複REGが多いので高設定を信じてぶんまわすが、悲惨な結果になることが
多いと思います。
どちらもよければ迷うこともないわけですが、ハマリ続けている台があるボーナスから怒濤の連チャンを
することがアイムより多いのがジャンキーです。
またその逆もあります。設定6としかいいようがない台が突然はまり壁の連続となることもあります。
朝は設定1を大きく下回り夕方には設定6を大きく上回り、閉店時は設定3におちつくみたいな・・
これでは設定を読むのは意味がなくなり、あくまでも参考にしかできません。
設定を追わない攻略法 スポット攻略法 がアイムよりも有効だと思います。

■ホールで発表された設定6の挙動を調査しました。
@設定上げの6の場合は大半は朝一の当たりが50G以内である。
ABIG:REG 比率は2:1程度の台が多く、アイムのようにREGに極端に偏ることは少ない
B合成は閉店時には1/120〜1/170となり、やはり途中で合成確率を追う行動はかなり意味がないと判断できる。
C最大ハマリ
 400Gを超えることが低設定より極端に少ないが、設定6でも800Gオーバーはあります。
 これは合成確率だけをみるとアイムの設定4に近い数値なのであり得ることなのかもしれません。
D連チャン
 合成確率がアイムより悪いのですがジャグ連はジャンキーのほうが激しいです。
E新装で6確定台を打った感想
 とにかく300G以上ははまらないがだらだらで200Gくらいで当たることが連発することが多い。
 いったん波に入ると100G以内でなく50G以内で驚くほどペカリまくる。
 ジャンキーの6は朝からわかっていれば全ツッパで大勝することが多いと思う
 
■設定判別はこのようにしよう
 合成確率ではなくてBIG,REGそれぞれの確率が設定6を上回ることで判断しましょう。
それができなければBIGの確率のみに注目しましょう。REGの確率分母は大きいため
 思い切って無視しましょう。
 但し、ある程度、ボーナス回数がないと判断できないため、確実に設定6があるという状況以外では
 スポット攻略法で立ち回りましょう。